岡山 木の家 (株)有本建設

木造住宅・耐震住宅の衢本建設!!
http://www.k-arimoto.com/
メール:k.arimotokensetu@gmail.com
TEL:0869-64-3465
FAX:0869-64-3468
<< リフォーム工事 ”キッチン” | main | リフォーム工事 ”洗面所・トイレ” >>
大工の見習い(No.14)
0

    JUGEMテーマ:住宅

     

    棟上の晩にご馳走が並べられ、お施主様が手伝いの人や大工にも

    先ずお礼の挨拶があり、ご祝儀が出され、最後に僕も頂けた。

     

    お金には長い間不自由だったので嬉しくて嬉しくて…

     

    帰る途中で開いてみると500円が入っていた。”ありがとうございます。”

     

    このお金は大事にしまっておこう。また、明日から頑張ろう、真夏の太陽は照りつける。

     

    今日から屋根の上に上がって板に釘を打つ作業。

    僕はまだ子供なので2階の屋根にはあがらせてくれない。

     

    数日屋根の上ばっかり、僕はうっかりよそ見をしていると屋根の上から「コラッ・・?」

     

    声の方に目をやると2階の屋根から僕をにらみつけていた。 親方、すみません!!

     

    僕は釘を打ちかけると、

     

    「オイッお前の後ろの梁の根元が屋根垂木より少し高いじゃろう。」

    「ハイ。」

     

    「(チョウナ)を持って上がって、はつっておきなさい。」

    「ハイ。」

     

    僕は梯子を下りて(チョウナ)をもって上がり削り取った。

     

    夕方仕事が終わって下に降りるとき何気なく、

     

    (チョウナ)を肩にかけ貫きをつたって降りて行った。

     

    後60cmぐらいの所から下に飛んだ。その弾みに(チョウナ)が肩から外れ落ちた。

     

    刃先が僕の足の内首に当り3cmぐらい切れた。大きく口を開けている。

     

    困った。僕はすぐに自転車に乗って近くの診療所に行った。看護婦さんが出てきた。

     

    目が合うと…あっ その人は僕と一緒にお花の稽古に行っている人だった。

    僕の傷口を見るなり、

     

    「ぼっこう切っとるがん!!痛かろう」

    「チョット待って、先生先生…」                つづく

     

     

     

    新築・リフォームのご相談お気軽にどうぞ☆          

                            *************有本建設******************

     

     

     

    | arimoto | 会長 | 09:00 | - | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 09:00 | - | - | - | - |
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>
      + PR
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE