岡山 木の家 (株)有本建設

木造住宅・耐震住宅の衢本建設!!
http://www.k-arimoto.com/
メール:k.arimotokensetu@gmail.com
TEL:0869-64-3465
FAX:0869-64-3468
<< 秋のオススメ ”閑谷学校” | main | 備前市伊部駅徒歩1分圏内に5区画新規分譲開始!! >>
大工の弟子入り(No.50)
0

    JUGEMテーマ:住宅

     

    局長様の離れ座敷を一人責任を持ってやれ。。。

     

    僕は少し緊張しながら仕事を進めていた。

    その当時、基礎工事はコンクリートでなく石積みの基礎。

     

    ある日、その石屋さんから、なんと ”棟梁” と

    呼ばれて初めて言葉を頂き、とまどった。

     

    「何ですか?」

     

    「この玄関入口の延べ石の高さは何を基準にして、どの位の高さにしたらえんなら。」

     

    「高さの基準は西側にある本宅の高さと同天にして、後から渡り廊下を付けますので、

    本宅の床天より一尺三寸下がりが延べ石の天にしておいて下さい。

    玄関の土間から箱段に上がって、それから6寸程度上が畳天になる予定でおりますので。」

     

    すると、石屋さんは僕の顔を見なおして、

     

    「ほ〜

    全部頭の中に入っとんじゃなー。」

     

    仕事を任されると言うことは、すべて家全体の事が

    頭に入っていて当然のことだと僕は思っていた。

     

    棟梁は、

    「熱心じゃな〜。

    この大きな縁ゴリョウは、一人の手に合わんじゃろう。

    どうする気?」

     

    僕は、

    「兄弟子に手伝って貰うつもり。

    棟上げの時、親方をびっくりさせてやろうと思いまして。」

     

    まあ、頑張れよ! 

     

                            つづく

     

    | arimoto | 会長 | 09:00 | - | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 09:00 | - | - | - | - |
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      + PR
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE